アートギャッベ コラム

100年使える?
ギャッベを長く愛するコツを知ろう

アートギャッベは、イランの遊牧民たちが厳しい住環境をしのぐために使用してきた絨毯です。元々耐久性のある絨毯ですが、ちょっとしたコツを知ることでより長くご愛用いただけます。簡単な3つのコツを紹介しますので、日々のお手入れに取り入れてみてください。

掃除機は毛並みにそって優しくかけましょう

青や赤しっかりした毛足の長さと、織りの密度の高さがアートギャッベの特長です。そのためゴミが毛の奥まで入りづらく、普段のお手入れは掃除機をかけるだけで十分です。アートギャッベをよく見てみると、一定方向に向かって毛並みが流れていることがわかります。その毛の流れに逆らわず、丁寧に掃除機をかけてください。毛の繊維を痛めることなく、ゴミやホコリを取り除くことができます。ゴシゴシ強く押し付けたり、パワフルモードは禁物。無理な力がかかり、遊び毛以外の毛まで抜けてしまいます。表面を軽くすべらすように、毛並みにそって優しく掃除機をかけてあげましょう。

季節の変わり目には風を通しましょう

よくアートギャッベは「呼吸をしている」と表現されます。寒暖の差が激しい土地で育った羊の毛には調湿効果があり、湿気を吸い込んだり、はき出したりするからです。そんな調湿効果のサイクルを整えるため、敷きっぱなしにしないことが大切です。季節の変わり目には日干しをし、全体に風を行きわたらせましょう。干すのが難しい大きなアートギャッベは、半分ずつめくって空気を通してください。こうすることで余分な湿気をはき出し、最適な状態に保つことができます。調湿効果が整ったアートギャッベを置くことで、お部屋の空気の循環も良くなり、快適に過ごしていただけます。

液体をこぼしたときは慌てず対処

飲み物など液体をこぼした時は慌てず、乾いたタオルなどで水分を吸収してください。次に硬く絞った布で水拭きし、最後にもう一度乾いた布で残った水分を吸い取ります。ほとんどの汚れはこれできれいになります。その理由は、アートギャッベの羊毛にたっぷりと含まれる油分。この油分の効果で汚れが染み込みづらく、落ちやすいというメリットを持っているのです。塗料などの特殊な汚れには、専門クリーニングがおすすめです。絨毯に特化したクリーニング技術を持つプロが、洗いから乾燥まで一貫した特別なケアを行います。また10年前後をめどに専門クリーニングを利用すれば、気づかない汚れやくすみをすっきり取り除いてくれます。

三世代、100年使えると言われるアートギャッベ。簡単なコツを知ってお手入れすることで、お子様やお孫様の世代へと受け継がれ、長くご愛用いただけます。お手入れでわからないことや、専門クリーニングについては、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

▲ トップへ戻る
アートギャべ資料請求
〒733-0021 広島県広島市西区上天満町7-13
営業時間 10:00〜18:00(土日・祝は19:00まで)
TEL 082-232-6315 FAX 082-232-3797
定休日/水曜日

© 2016 株式会社井口家具百貨店 All Rights Reserved.